様々なスタイルに対応してくれる八王子市内の葬式業者

葬儀は故人を思って決める事ばかり

いつの時代も同じだと思うのですが、家族が亡くなり、葬儀の内容を決めるためには、故人を偲び悲しんでばかり居ることは許されず、早急にいくつもの事を検討し、一つずつ決断して行かなくてはなりません。葬儀会社、祭壇、棺、お花、香典返し…等々。決定していく中で一番重視していることは、今さっき亡くなった大事な家族がどのようにしたかったか…ということなのではないでしょうか。
最近は「終活」という言葉も浸透しつつあります。葬儀会社ごとに、終活の展示会を行っているといったニュースも時々見られます。自分の希望を叶えるために細かく決めている方もいると思いますが、家族に迷惑を掛けないために決めている方もいらっしゃるのではないでしょうか。しかし実際には、葬儀会社の互助会に入会したりして、どこの葬儀会社を利用するかを決めている程度がほとんどだと思うのです。
葬儀に関わることを口に出すのは、デリケートな問題なのでタブーだと思います。それなのに、自分の葬儀をどのようにやって欲しい?という希望を教えておいて欲しいとは、家族は言い出すことはないでしょう。しかし葬儀の内容を決める時に家族は、「故人だったらどうしたかったろう」という気持ちでいっぱいになり、色々決めているのです。葬儀内容も多様化している昨今、終活を本気で考えておくことも必要なのではと思い始めています。

List